里山って いいな

北高上緑地に集う仲間たちの活動や防災問題について綴っていきます

日進里山リーダー会 2020(令和2)年11月の活動記録

f:id:miffy17s:20201128113432j:plain
この1カ月間の主な活動やイベントを写真で振り返ってみました。

■11月2日(月) 竹炭を焼く新しい窯の火入れをしました。

f:id:miffy17s:20201127084258j:plain
火入れに先立ち、榊とお神酒を供えて神事を執り行いました=日進市内の炭焼き小屋で
f:id:miffy17s:20201128113716j:plainf:id:miffy17s:20201128114045j:plain
左から①6代目となる新しい窯に火入れをするメンバー。竹炭焼きは5月でいったん休止した後、半年ぶりの再開で、通算171回目②煙突から出始めた煙。のどかで、心が癒されるこの景色。何とも言えません
f:id:miffy17s:20201128114054j:plainf:id:miffy17s:20201128114107j:plain
左から①窯の中で順調に燃焼する竹材②火入れから約6時間半後、焚き口を閉め、砂をかけて窯を閉じました。この日焼いた竹炭は、このまま2週間、窯の中で寝かせます

■11月11日(水) 日進市の北高上緑地で枯れ松を伐採しました。毎月第2水曜日は、緑地内の定期巡回だけでなく、多くのメンバーが参加して除伐や下草刈りなどの維持・管理作業をしています。

f:id:miffy17s:20201128121723j:plainf:id:miffy17s:20201128121922j:plain
枯れた松を伐採し、枝を払うメンバーら

■11月16日(月) 竹炭の窯出しをしました。

f:id:miffy17s:20201128123127j:plainf:id:miffy17s:20201128123200j:plainf:id:miffy17s:20201128123433j:plain
左から①焼きあがった竹炭を窯から出します②焚口付近は少し燃えすぎかもしれませんが、全体的には上々の出来のようです③次回の炭焼きのために竹材を窯に詰めます
f:id:miffy17s:20201128194642j:plain
窯から取り出した竹炭の品評会。硬くて良質の竹炭が出来上がったようです。

■11月18日(水) 北高上緑地で見回りをしました。見回りは毎週水曜日、メンバーが交代で続けています。

f:id:miffy17s:20201128125734j:plainf:id:miffy17s:20201128125838j:plain
左から①散策路の安全確認などをするメンバーら②防火水槽の点検も大切な作業の一つです

■11月19日(木) 日進市の総合運動公園「四季の森」で枯れ松の伐採をしました。

f:id:miffy17s:20201128131203j:plainf:id:miffy17s:20201128131101j:plain
左から①散策路を点検しながら巡回するメンバーら②枯れ松の伐採。先輩から技術を学ぶ良い機会でもあります

■11月21日(土) 北高上緑地で「秋の樹木観察ツアー」が行われました(「にっしん里山ニュース」参照)。

f:id:miffy17s:20201128132655j:plainf:id:miffy17s:20201128132947j:plain
コバノミツバツツジの群生地や竹林などを見学する参加者

■11月26日(木) 北高上緑地で、「シイタケ栽培体験」(2021年1月30日開催予定)の際に原木として使うコナラを伐採しました。

>
f:id:miffy17s:20201128133136j:plainf:id:miffy17s:20201128133235j:plain
長さ1㍍に切りそろえた40本の原木は、イベント当日まで乾燥させます